コアデアイテムお役立ち雑学特集 vol.7





大切な本を購入した時のまま、美しく保存出来る透明ブックカバー「ミエミエシリーズ」
様々な本に対応できるように多数のサイズを展開中です!

そんなブックカバーの中でも、一番新しいサイズが「文庫mini」サイズ。
既存の「文庫」サイズと一体何が違うのかを紹介していきます!

普段何気なく読んでいる文庫本ではありますが、出版社によって少しサイズが違います。
一般的なライトノベルによくあるサイズの高さ約148mmの文庫本と、
それよりも少し高いサイズの約152mmの文庫本があります。



左側が高さ約148mmの文庫本で、右側が高さ約152mmの文庫本です。
こうして見ると、違いがあるのがよくわかりますね。

この高さ約148mmの文庫本「文庫」サイズのカバーを付けた場合、
上下に余りができてしまいます。
そこで生まれたのが「文庫mini」サイズ!

「文庫mini」サイズは高さ約148mmの文庫本にぴったり合うように作られているので、
ブックカバーを付けたときに上下の余りがなく、すっきりとした見た目になります。



なので、ピッタリサイズのブックカバーを付けたい!という方は、
高さ約148mmの単行本の場合「文庫mini」サイズを、
高さ約152mmの単行本の場合「文庫」サイズをという風に
本のサイズによって使い分けてくださいね!


今回紹介した「ミエミエブックカバー 文庫」「ミエミエブックカバー 文庫mini」
全国のアニメイトで好評発売中!
アニメイト通販コアデオンラインショップでも販売中です!






カテゴリー | ブログ , ブログ , お役立ち雑学特集2022年04月26日
Copyright (C) 2022 株式会社コアデ All Rights Reserved.