Trinity Tempo -トリニティテンポ- ストーリー




「アイドル文化」が廃れてしまった近未来の日本――
そこでは世間から「ダンス」が絶大な関心を集めていた。

特に女子高生3人がチームを組み参加する全国大会「トリニティカップ」は、
各メディアから絶大な注目を浴びる「トップスター」ヘの登竜門として
一際大きな関心が寄せられていた。


ある日、高校入学を間近に控えた春日桜映は卒業旅行先で訪れた大阪で、
トリニティカップ前回優勝チーム「蒼牙」のパフォーマンスを目にする。

激しく強く刻まれたリズム、観客の視線を奪っていくステップ、
きらきら輝く彼女たちの笑顔
ステージ上の全てが桜映の心を熱くした。

「私もあの人達みたいに踊りたい!」

彼女の新しい物語がここから始まった!





メインストーリーを読む前にこちらをチェック!























第1回ストーリー選抜投票にて選ばれたテーマに沿って展開する
ブーケ、ステラ・エトワール、蒼牙のショートストーリー!







第1回シャッフルグループトーク選抜投票にて選ばれたシャッフルパターンのグループが展開する
チームの垣根を越えたメンバーによるトークです!